環境問題への取組み

 

地球温暖化をはじめ

温室効果ガス問題・プラスチックごみ問題など様々な環境問題が広がりを見せる中

私たち製造メーカーも環境問題に向き合わなければいけません。

 

当社では環境問題への取り組みとして

従来の材料に代わるエコ材料での製品試作を行っています。

    紙素材

 

    樹脂ポリマーに紙を添加した材料です。

    燃えるゴミとして廃棄する事ができ、ダイオキシン類が発生しません。

    紙の脆さを補填する必要があり、主にPPやエラストマーといった

    ヒンジ性の高い材料と配合されています。

 

バイオ材料

 

植物性由来の素材を樹脂ポリマーに添加した材料です。

地中の微生物によって完全に分解され、ごみが出ません。

焼却処分してもダイオキシン類が発生しません。

滑らかな表面を持ち、手触りの良い製品が出来上がります。

多種多様な成型品

 

用途は多岐にわたり、医療機器や精密機器、文具と様々な成型品を量産しており

塗装や組立などのご相談も承っております。

 

熱可塑性樹脂の成型専門メーカーとしての40余年の経験を活かし

プラスチック製品のニーズに応え続けています。

 

カバー類(外装部品)

 

プラスチックの軽さ・量産性を活かして製作しています。

強度やコスト面などのメリットが多く、

スーパーエンプラの需要が増えています。

 

樹脂特有の耐電気性を活かして

電気部品を内蔵するようなカバーなどを生産しています。

    ギア部品(内蔵部品)

 

    精密部品と分類される場合もあり、

    寸法の重要性は外装部品よりもシビアです。

    耐衝撃性・耐摩耗性・耐疲労性に優れた材料が求められ、

    機能面に特化した設計となっています。